So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日本のこたつが無印良品で進化! [社会]

従来の四角いこたつが進化しています。

無印良品では、長方形や楕円のこたつが販売されています。

狭い場所でも、楕円だと角が取れていてすっきりします。
こたつ5.jpg
※ bing画像サイトより引用

進化が最も顕著に表れているのは、熱源部分です。

従来は、赤い赤外線の管が保護カバーに覆われていました。

そのカバーが、こたつの内部を最も占有していました。

こたつ6.jpg
※ bing画像サイトより引用

猫もその下では、居心地が悪いようです。

ここでも無印良品は、その進化を見せつけてくれました。

なんと、熱源部分がフラットなボードになって、その名もそのままフラットヒーターと云います。

稼働中に触れても、やけどなどしません。

安全で省スペースで、云う事がありません。

こたつ7.jpg
※ bing画像サイトより引用

夏になって、こたつ布団を除いて座卓にしても、その熱源部分があっても、違和感なく使えます。

----------- スポンサーリンク ----------------




--------------------------------------------------



こたつ布団も進化しています。

セット商品として、「四隅の広がらないこたつ布団セット」があります。

これも文字どうり、布団の四隅の中綿を抜いて、角の部分が分厚くならないように工夫されています。


スイッチ部分も使い勝手が良いです。

従来のこたつは、オン・オフのスイッチのみで、温度の調節は、熱源部分に付いていました。

その為、こたつの外でスイッチを入れて、調節の為に一度布団をめくらねばなりません。

スイッチ部分で調節もできれば、本当に良いですね。

しかも、長時間経てば自動で電源が切れるオフタイマー機能も付いています。

こたつ8.jpg
※ bing画像サイトより引用


こたつファンとして、こたつがここまで進化してきて、びっくりしています。

無印良品さんのサイトにアクセスしなければなりません。

----------- スポンサーリンク ----------------



日本のこたつ 日本のこたつ 日本のこたつ 日本のこたつ 日本のこたつ


スポンサーリンク



タグ:こたつ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。